自動車保険の等級

自動車保険には等級というものがあります。

 

通常であれば自動車保険を新規で申し込みをすると6等級からとなります。

 

この等級は自動車保険料に大きくかかわっている為、とても重要です。

 

最大で20等級まであり、一番低い等級で1等級となります。

 

等級は事故がなければ、毎年1等級ごとに上がっていきますが、
事故を起こすと3等級、もしくは1等級下がります。

 

例えば、自損事故(自爆事故)や車対車の事故などは3等級下がります。

 

落書きやいたずらにより、車に傷をつけられた場合などは、
1等級下がります。

 

台風や水害などによる修理も1等級が多いです。

 

また、保険を使っても等級が下がらない場合もあります。

 

例えば、弁護士特約を利用したり、人身傷害補償を利用したりする場合は、
等級が下がることはありません。

 

自動車保険に詳しくない人は「使えば下がる」と思っていますが、
下がらない場合も多いので、よく理解しておく必要があるでしょう。

 

また、等級が下がる時に気を付けたいことがあります。

 

それは、「割引率」です。

 

例えば、「事故無しの8等級」と「事故後の8等級」では割引率がかなり違います。

 

等級によっては、20%ほど違うこともあるので、
保険を使うかどうかは注意して考えなければなりません。

 

年間の保険料が多ければ多い程、この割引率が影響していきます。

 

例えば、修理代が15万円かかったとしても、保険を使ってから3年間は保険料が高いので、
その差額が20万円などと高くなってしまうことも多いのです。

 

ですから、保険を利用するかどうかはこういった点も考慮する必要があります。

 

このサイトでは自動車保険の等級について色々と解説していますので、
気になる点があったら、参考にしてみてください。